Foraoise Bright

2011/9/20 燕岳・大天井岳 day3

day3,4の当初の予定は、
常念小屋〜常念岳〜蝶ヶ岳〜徳沢(テント泊)〜上高地
だったのですが、早朝目を覚ました時には、とんでもない強風が吹き荒れています。
夜中、何度か風の音で目が覚めた時点で、明日は予定変更で下山だろうな...と思っていましたが、実際起きてみると風も当然強いのですが雨もかなり降っています。この状況で下山できるのだろうか?と思うくらいです。
じたばたしても仕方ないので、朝のコーヒーでも飲みながら考えよう、と思い食堂に行って、天気予報をチェックしてみると、翌日は台風がほぼ直撃です。
すると山小屋の方が「2週間前の台風直撃の時よりもひどい、今日の尾根歩きは、とても危険です。できれば一ノ沢(東側の登山口)に直接下山して下さい。明日はもっと酷くなるのでなるべく早い方が...」との忠告。
その時、テント泊していた方が山小屋に避難してきます。「飛ばされるかと思いました。ポールも折れてしまって、大変でした。」と、この方は、前日雨風が強くなる前にテントを設営していたからそのままテントに居たそうです。僕ももう少し早く常念小屋に着いていたら、テント泊にしていたはずです。
ちなみにテント泊したのは、この方だけだった様です。そして、ほぼ寝れなかったと言っていました。
この状況と山小屋の方の助言もあり、一ノ沢へ下山する事を決め、すぐに準備です。
準備を終え出発しようとしていると、テント泊の方が「一緒に下山しましょう」と、強者の仲間が増えて心強いです。
そして、一ノ沢へ向け出発です。山小屋から出てみると、思っていたより風が強く、体が持っていかれそうです。しっかり踏ん張りながら歩きます。
しかし、尾根を越え東側の斜面に入ると、あらびっくりです。風がない、弱い風しか吹いていません。初めての体験です。山の斜面によって、これほど風の強さ吹き方が違う事を。
雨は結構降ってますが、かなり歩きやすくなり、順調に標高を下げていきます。
滑りやすい足場、沢の増水など注意しながら、雨の中を2時間半ほど歩き、
d0249375_15163357.jpg
無事、下山しました。
[PR]
by aahh77 | 2011-10-02 17:07 | 北アルプス | Comments(0)