Foraoise Bright

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011/10/23 白峰三山 day1

天候の影響で交通機関が乱れて、予定よりかなり遅いpm1:30に登山口である奈良田第一発電所に到着。
初めての南アルプス、緩くて柔らかい空気感です。
d0249375_1448159.jpg
日没までにテント場へ着くよう、すぐに大門沢小屋を目指し出発です。
d0249375_1455287.jpg
吊り橋を何度か渡り、広河内に沿って登っていきます。
d0249375_157478.jpg
曇り空のせいでしょう、湿気を含んだ生暖かい風が吹いています。
d0249375_15151548.jpg
落ち葉でルートが判りにくくなっている森。
大自然に溶け込んだ様な感覚になります。
d0249375_15295081.jpg
その後、大門沢を数回渡って、
d0249375_1531512.jpg
pm4:30、大門沢小屋に到着。この時期、こちらの小屋は閉鎖されています。(避難小屋として一部解放)
そして、ここでテント泊、日没前に着いて良かった。
d0249375_15453888.jpg
テント場から、夕焼けを。遠くにうっすら富士山。
d0249375_15494535.jpg
この日のテント場は、僕の一幕のみ。
深い山を味わいながら、闇の世界へ。
[PR]
by aahh77 | 2011-10-30 20:08 | 南アルプス | Comments(0)

2011/10/6 槍ヶ岳 day4

d0249375_13343892.jpg
目覚めてまもなく、青空が。
天候が回復したので、寄り道をしながら上高地へ向かう事にします。
d0249375_133716100.jpg
明神を経て、穂高神社奥宮へ。
山旅の無事を、お礼参りです。
d0249375_13392664.jpg
明神池。
d0249375_134044100.jpg
美しい森を通って、上高地へ、
d0249375_1342311.jpg
無事、下山しました。
[PR]
by aahh77 | 2011-10-17 20:11 | 北アルプス | Comments(1)

2011/10/5 槍ヶ岳 day3

am6:00、起床。寝たのか寝てないのかよく分からない感じです。
一晩中、強風が吹き荒れていました。夜が明けても、収まる気配はありません。
d0249375_13453452.jpg
そして、氷点下の世界。なにかと、凍ってます。

軽い朝食を済ませ、強風の為、手こずりますが、テントを撤収して、am8:00出発。
この日の予定は、大喰岳〜中岳〜天狗池〜槍沢〜横尾、時間次第で徳沢まで。
d0249375_13471253.jpg
霧雨の中、大喰岳へ、白くて何も見えません。
d0249375_1348161.jpg
出発して1時間強、中岳へ登頂。
d0249375_1349666.jpg
天狗池へ向け、順調に標高を下げていき、
d0249375_13505255.jpg
雪の上も歩きつつ、
d0249375_13532227.jpg
槍ヶ岳から3時間程で、天狗池に。
槍ヶ岳は、雲の中。天気も紅葉も今ひとつです。
d0249375_1354553.jpg
天狗原を通過して、
d0249375_13555752.jpg
雨が強くなったので、槍澤ロッヂにてランチ、そしてブレイク。
d0249375_135734.jpg
雨が降る森の雰囲気も良いですね。落ち着きます。
そんな森を歩き、pm3:30、横尾に到着。
雨も降っているし、ここでテント泊しようかなと考えましたが、day1で徳沢のキャンプ場が気に入ったので、徳沢まで下る事に。

横尾から1時間程で、徳沢に。
雨の中、テントを設営し、食事をして、
雨の音を聞きながら、眠りに就きました。
[PR]
by aahh77 | 2011-10-14 22:10 | 北アルプス | Comments(0)

2011/10/4 槍ヶ岳 day2

ぐっすり眠れませんでした...寒さで。夜中、テント内の気温は、0℃でした。何度も目が覚めて、寝付けない時間帯もありました。
そんな夜を過ごして、am5:00頃、シュラフから出ます。
d0249375_141023.jpg
明神岳のモルゲンロートを見ながら、朝食を摂り、am7:30に槍ヶ岳を目指し出発です。
d0249375_1423256.jpg
1時間程で横尾です。槍ヶ岳と蝶ヶ岳の分岐、槍方面へ。
d0249375_1434585.jpg
梓川の源流である槍沢に沿って樹林帯を歩き、
d0249375_1444626.jpg
徳沢から2時間程で槍澤ロッヂに。ここから山頂に向け、だんだんと勾配がきつくになっていきます。
d0249375_148936.jpg
急勾配をひたすら登り、
d0249375_1493365.jpg
徳沢を出発して5時間程で、やっと槍ヶ岳が。
d0249375_1410285.jpg
近づいてくると、すごい迫力。テンションがあがります。
d0249375_14112216.jpg
pm2:30、徳沢から7時間歩き、槍ヶ岳山頂直下の槍ヶ岳山荘に到着。
テント泊の受付をして、すぐに設営します。テント場は、稜線上にあるので、結構風が吹いています。
d0249375_1413508.jpg
そして、槍の穂先へ。
d0249375_14171933.jpg
穂先への登坂中、振り返ると、こんな眺め、
d0249375_141833100.jpg
クサリ場、梯子を登り、
d0249375_14495621.jpg
槍ヶ岳頂上。
d0249375_14521127.jpg
最高の天気、太陽と風が気持ちいい!
素晴らしい山だと感じます。来てよかった!
人が少なっかたので、1時間程山頂でよい眺め、よい気分を。
d0249375_1455438.jpg
影槍と常念岳、大天井岳。
d0249375_14575028.jpg
雲から頭を出している、穂高連峰。
d0249375_14595513.jpg
山小屋まで下りてきて、夕焼けです。
最高の焼け具合。最高に綺麗!
d0249375_1513713.jpg
槍も燃えています。

日没後、天候が崩れだし、もの凄い強風が...
そして、テント内は、-3℃。
いろいろと工夫をして、寒さに対しては、なんとか大丈夫ですが、
風が強く、テントが揺れたり、風の轟音でなかなか眠れません...
標高3,000mの稜線でのテント泊、天候が崩れると厳しいです。
そんな状況でも、なんだか楽しんでいる気持ちもあるんですよ...不思議と。
[PR]
by aahh77 | 2011-10-14 14:33 | 北アルプス | Comments(0)

2011/10/3 槍ヶ岳 day1

前回、北アルプスへの遠征時に、その姿を初めて観て、「ここへ登っておいで」と誘われたように感じ、どうしても登りたくなり、今回は槍ヶ岳への山旅です。

pm2:00、上高地に到着。
ゆっくり準備をしてpm3:00頃、この日の目的地、徳沢へ向け出発です。
d0249375_157128.jpg
きれいな、梓川のほとりを通り、
d0249375_1581262.jpg
森の中、熊さんに♪..出逢いませんように...と思いながら、
d0249375_1591824.jpg
気持ち良い天気の下、広がる風景を見ながら歩いて、
d0249375_15114883.jpg
上高地から1時間半で徳澤園のキャンプ場に。
ここのキャンプ場、のんびりした雰囲気が良いですね。
d0249375_1513036.jpg
テントを設営し、お茶の時間です。
d0249375_15134960.jpg
コーヒーのお供に、手づくりクッキー、いい感じです。
d0249375_1515566.jpg
こんな景色を眺めながら、夕食を食べ、日が沈み、
そして、おやすみです。が...
[PR]
by aahh77 | 2011-10-11 19:02 | 北アルプス | Comments(0)

2011/9/20 燕岳・大天井岳 day3

day3,4の当初の予定は、
常念小屋〜常念岳〜蝶ヶ岳〜徳沢(テント泊)〜上高地
だったのですが、早朝目を覚ました時には、とんでもない強風が吹き荒れています。
夜中、何度か風の音で目が覚めた時点で、明日は予定変更で下山だろうな...と思っていましたが、実際起きてみると風も当然強いのですが雨もかなり降っています。この状況で下山できるのだろうか?と思うくらいです。
じたばたしても仕方ないので、朝のコーヒーでも飲みながら考えよう、と思い食堂に行って、天気予報をチェックしてみると、翌日は台風がほぼ直撃です。
すると山小屋の方が「2週間前の台風直撃の時よりもひどい、今日の尾根歩きは、とても危険です。できれば一ノ沢(東側の登山口)に直接下山して下さい。明日はもっと酷くなるのでなるべく早い方が...」との忠告。
その時、テント泊していた方が山小屋に避難してきます。「飛ばされるかと思いました。ポールも折れてしまって、大変でした。」と、この方は、前日雨風が強くなる前にテントを設営していたからそのままテントに居たそうです。僕ももう少し早く常念小屋に着いていたら、テント泊にしていたはずです。
ちなみにテント泊したのは、この方だけだった様です。そして、ほぼ寝れなかったと言っていました。
この状況と山小屋の方の助言もあり、一ノ沢へ下山する事を決め、すぐに準備です。
準備を終え出発しようとしていると、テント泊の方が「一緒に下山しましょう」と、強者の仲間が増えて心強いです。
そして、一ノ沢へ向け出発です。山小屋から出てみると、思っていたより風が強く、体が持っていかれそうです。しっかり踏ん張りながら歩きます。
しかし、尾根を越え東側の斜面に入ると、あらびっくりです。風がない、弱い風しか吹いていません。初めての体験です。山の斜面によって、これほど風の強さ吹き方が違う事を。
雨は結構降ってますが、かなり歩きやすくなり、順調に標高を下げていきます。
滑りやすい足場、沢の増水など注意しながら、雨の中を2時間半ほど歩き、
d0249375_15163357.jpg
無事、下山しました。
[PR]
by aahh77 | 2011-10-02 17:07 | 北アルプス | Comments(0)